企業信用リスクはどこに潜んでいるか?
Moody’sアーリーウォーニング・システムで特定

いつ懸念すべきか?
どこに融資すべきか?
どう管理すべきか?

私たちは、データにあふれ、潜在リスクを警告する数々のシグナルに囲まれた世界にいます。しかしながら、企業与信判断は、過去10年間で困難を極めています。銀行の企業融資の管理であれ、投資家の債券ポートフォリオの管理、あるいは企業のサプライチェーンの管理であれ、先行き不透明な環境下において、より迅速に優れた判断を下すことは、これまで以上に必要不可欠となっています。
ムーディーズ・アナリティックスは、当社の次世代アーリーウォーニング・システムが、お客さまの企業信用リスクの管理における課題克服をいかに支援できるかを説明するウェビナーを開催いたします。この45分間のウェビナーでは、当社の専門家が効果的なアーリーウォーニング・システムを利用する重要性について説明した後で、本プラットフォームのデモンストレーションを行い、実際のケーススタディを用いてアーリーウォーニング・システムがどう機能するかをご覧いただきます。
本ウェビナーは、銀行、保険会社、ファンドマネージャー、事業会社、当局を含む、企業信用リスクにご関心のあるすべての方が対象となります。
本ウェビナーの最後には、ムーディーズ・アナリティックスの専門家に質問したり意見する時間を設けています。ぜひ、このインタラクティブなウェビナーにご参加ください。



When do I get worried?

Who should I lend to?

How can I keep up?

We live in a world awash with data and with a huge array of potential risk signals, but corporate credit decision making is the most challenging it’s been in over a decade. Whether it’s banks managing their corporate loan books, investors managing their bond portfolios, or companies managing their supply chains, making faster, better decisions in an uncertain environment has never been more imperative.

Join us for a 45-minute webinar where Moody’s Analytics’ experts will discuss how its next generation Early Warning System can help overcome corporate credit risk management challenges. We’ll discuss the importance of using an effective early warning system, demonstrate the platform, and show how the early warning system can work with actual case studies.

This webinar is for everyone concerned about corporate credit risk: banks, insurance companies, fund managers, corporates, Treasury, and more.


[Speakers]

Dr. David Hamilton
Managing Director, Credit Risk Analytics Asia Pacific
経歴を見る / See speaker BIO »


小柳 芳文 / Yoshifumi Koyanagi
アシスタントディレクター ソリューションスペシャリスト / Assistant Director, Solution Specialist
経歴を見る / See speaker BIO »

事前に質問する / Send Speaker Your Question

Following the commencement of TRIM in 2016, there are has been a multi phased approach to the ECB’s TRIM exercise. As we are gearing up for a year of further TRIM exercises and transitioning to review of wholesale and low default portfolios, Moody’s would like to host this webinar to provide:

  1. Further insight to the challenges in the market thus far
  2. The common themes across Europe
  3. Remediation and best practice approaches

Following the commencement of TRIM in 2016, there are has been a multi phased approach to the ECB’s TRIM exercise. As we are gearing up for a year of further TRIM exercises and transitioning to review of wholesale and low default portfolios, Moody’s would like to host this webinar to provide:

  1. Further insight to the challenges in the market thus far
  2. The common themes across Europe
  3. Remediation and best practice approaches