9月18日に英語のみで開催した表記セミナーに対し、日本語での提供のご要望を多数いただきましたので、日本語通訳および日本語でのQ&Aのセッションをご用意しました。

欧州での感染再拡大等による金融市場のボラティリティも再び拡大傾向にある中、信用リスクの適切なモニタリングの重要性は高まっています。今回のセミナーでは、クレジットの調査、研究をリードしている, Dr. David Hamilton and Dr. Sam Maloneが投融資先の中から注視すべき先をどのように早期に把握するかというテーマで9月18日ご説明したセッションを日本語通訳にてご提供します。また、セッション中に皆様からのご質問を日本語にてお受けし、東京のクレジットのスペシャリストがご回答申し上げます。

要望新型コロナウィルスの世界的なパンデミックによる経済ダメージにより、信用リスクの測定は一層困難さを増しています。政府・中央銀行は経済面の支援策を急いでいますが、景気後退の影響は、未だ企業のクレジット・デフォルトに完全には反映していません。このような不確実性が高い環境下では、信用リスクの早期のウォーニング(警告)を把握するには、適切な将来見通し用ツールと戦略の双方を併せ持つことが、これまで以上に重要です。

また、当該テーマについて更なるディスカッション機会を提供することも可能です。クレジット・スペシャリストが直接フォローさせていただきます。


【プログラム】
15:00 ご挨拶
15:05 9/18ウェビナーの日本語通訳付き放映
16:10 日本語によるQ&A
16:30 終了



【講演者のご紹介 】

David Hamilton, PhD, Managing Director, Credit Risk Analytics Asia Pacific
Speaker BIO »

Samuel Malone, PhD, Senior Director, Head of Credit Risk Analytics Research
Speaker BIO »

小柳 芳文, アシスタントディレクター ソリューションスペシャリスト
Speaker BIO »

Following the commencement of TRIM in 2016, there are has been a multi phased approach to the ECB’s TRIM exercise. As we are gearing up for a year of further TRIM exercises and transitioning to review of wholesale and low default portfolios, Moody’s would like to host this webinar to provide:

  1. Further insight to the challenges in the market thus far
  2. The common themes across Europe
  3. Remediation and best practice approaches

Following the commencement of TRIM in 2016, there are has been a multi phased approach to the ECB’s TRIM exercise. As we are gearing up for a year of further TRIM exercises and transitioning to review of wholesale and low default portfolios, Moody’s would like to host this webinar to provide:

  1. Further insight to the challenges in the market thus far
  2. The common themes across Europe
  3. Remediation and best practice approaches